花火の夜に思い出して仕舞うとあるワンコの意味

夏季の深夜、遠くでパーンって調音がすると、おや、どこかで花火をあげているのだなあと思います。そうして途端、とある犬のことを思い出してしまう。民家の近所で飼われていたユキさん。再び亡くなってしまって数年がたちます。小ぶりな日本犬で、きっと雑種でしょうね。扉の前にダンボールが置いてあって、そこがユキさんのお一種でした。雨量の日光も、スノーの日光も、扉の中には入れて買えず、たえず困ったような面持で外側を見ていました。番犬として、常時扉の規制を通していたのでしょうね。いつも真面目にお仕事をしていたユキさんですが、花火のパーンという調音が大の憎悪。それが分かるという、門を乗り越えて、脱走してしまう。何で花火の調音がそこまで嫌いなのか、飼い主くんも不可解がっていました。そういえば、自分の亡くなったおじいさんは花火ビッグイベントが嫌いでした。空襲の焼夷弾を思い起こすからと言っていました。ユキさんにも、犬なりのトラウマがあったのでしょうか。即日 キャッシング 比較

高知県のことをやっていた番組を見たりした

19時くらいから放送されていた、バラエティー番組を見ました。最初は、高知県に行っていました。いの町というところでした。今回は、和紙でした。和紙で作ったものを展示しているところもあるみたいです。土佐和紙というものは、丈夫な和紙みたいです。そこで和紙で作った、紙100%の舟で川下りをしていました。一から自分たちで舟を作っていました。しかし、激流で沈没していました。そして、勉強をしました。風などについて勉強しました。海陸風は、海面と陸地の日変化の違いによって生じます。夜間、陸は冷えて高圧部になり、陸から海に風が吹きます。日中、陸は暖められて低圧部になり海から陸に、風が吹きます。季節風や高気圧・低気圧による風の影響が少ないときは、このような限られた地域に時間的にみて特徴のある風が吹きます。これを局地風といいます。日中、谷から山頂に向かって吹く谷風、夜間に山頂から谷に向かって吹く山風も1日を周期とした局地風です。ミュゼ vio 値段

私を親のように思って育った十姉妹を思い出して

この頃ペットと言えば犬、ネコ、ハリネズミ、ちょっと前はフェレットにウサギとか主流は哺乳類。
その中でも断然、犬派!犬を飼うと散歩したり、抱きしめたり、行動を共に出来るし、番犬にもなる。
その上賢くて芸も覚えるし。
けれど最近ネコも可愛いかな?TVでもよく登場するように、ちょっとしたネコブーム。
ネコが飼われる理由として手間がかからない、餌代も安いとか。。
でも、ネコは飼ったことがありません。。

そんな中、今日ペットショップで十姉妹を見ました。なんだかとっても懐かしい。
手頃で丈夫でよく増える十姉妹が飼われていた時代があったなぁ〜と。
十姉妹を見ていると仲良く一箇所に集まって、ちょっと飼ってみたい思いに駆られます。
十姉妹を手乗りにしたことがあります。まだ小さい雛のうちから育てるのです。
今でも忘れられないのですが 私が朝いつもより起きるのが遅かったのかもしれません。
空腹に絶えかねた(?)のでしょうか?布団の上にいつの間にか来て大きな口を開けて
餌をねだっているのです。びっくりしたのと同時にとっても愛おしく思えました。
元気に成長して、卵を産み沢山雛たちを育て上げました。
懐かしい〜また十姉妹飼ってみようかな♪ミュゼ100円だけ