コーヒーを飲むタイミングが、夕食後から起床後に変わった

コーヒーを飲む習慣は、高校時代から始まりました。受験勉強を夜間でもしっかり行えるようにと思ったのがきっかけでした。高校卒業、受験勉強の終了とともに夜更かしする必要性が無くなってからは、コーヒーを飲む習慣も無くなっていました。
その当時は、コーヒーを飲む時間帯が夕食後であったため、夜更かしせず睡眠するには全く正反対の効果をもたらしていたと思います。夜更かしが目的であったため、当時は何も思わなかったですが、受験勉強を終えてコーヒーをやめたことは日常の生活リズムを保つ上では良かったと思っています。
現在では、コーヒーを飲む習慣が別の形で始まっています。多くの人と同様に、起床ごに飲むようになりました。朝の目覚めをよくするために飲み始めました。眠気も冷めて、体がシャキッとするような気持ちになります。自宅で飲んだり、喫茶店で飲んだり、場所は決まっていないですが、コーヒーを飲んだ時のホッとする気持ちは変わりありません。1日を気持ちよく始めるためにも、この習慣は続けていきたいと思っています。