天橋立の風景を見ずに観光できる乗り物は自転車です

先日、友人と一緒に天橋立に行きました。天橋立に着くとそこは自然にできた道と
樹木がかみ合った所です。最初は歩いて道を進みますが、この調子で歩いていると
天橋立の出口まで行けないです。天橋立の片道は約1時間だからです。本来は歩いて
出口まで行きたかったのですが、それだと予定が狂うので、近くの店に自転車が貸し
出しされていたので、借りる事にしました。

いざ、自転車で天橋立の出口に向けて出発です。そして、自転車に乗ろうとした時
自転車ごと倒れてしまいます。その時周りを見ると観光客の視線が集中しています。
視線は無視して再び自転車に乗ろうとした時乗れはしましたが、自転車をコント
ロールする事ができず再び倒れてしまいます。昔は自転車に乗れたのに何故乗れない
のだろうか、と思いつつ三度めに挑戦すると要約乗る事ができました。この頃友人は
呆れて先に進んで行っています。

当初、自転車を乗れなかったのに三度めに乗れたのは、恐らく乗れていた頃の記憶
が呼び出され自転車を乗れる事ができたのだと思います。しかし、自転車の運転は
乗れて、倒れての繰り返しで、自転車は進み、友人と待ち合わせした所で合流です。
結局自転車の運転に時間がかかり、天橋立の風景を見る事もできず、天橋立の観光は
終わってしまいます。観光は終わり、帰路につきます。http://www.fndg.co/acom/