長期、道場人生を営んできたM・Tの占領からのストップ

今一度、N・Tはこちらに向き直った。
「それにしても、お前が急にそんな突拍子も薄い事を提案するとは思えないんだよな、俺は。何かあったろ」
 N・Tはインスピレーションが鋭かった。長年の交際ともなると、お互いの意図まで見え透いてしまうこともいる。
「俺もそう想う。ひょっとしたらと思うけど、T・M絡みか?」
 また語りはじめたかと思えばN・Tよりも予覚の素晴らしいM・Tの一言に身は狼狽した。
「やつか!おい、A・I!」
夜もすがら、昼の盛り上がりでN・Tが捲くし突き立てる。こうなるとこれから身はつぶさに話すしかなかった。
「長年の居候日々で飽きたのも残るんだろうけど、やっぱりここのめしは不味いんだって。ケーキも出ないみたいだし。だから少なくとも食後ぐらいはと思って……」
 心ならずも管理にとらわれ続けているM・Tが気の毒に思えたのは真面目だが、生い立ちから何まで、主流本人の景況を知ってしまった前、何かしら一役買って出ようという肩ひじが内面にあったのかもしれない。脱毛ラボ 新宿店