五輪点に思えなかった7お客様制ラグビー

生まれてようやくリオオリンピックで7個人制ラグビーというのを見たのですけど、母親だけかは知りませんが争い時間は前後半7分ずつのオール14分ですなんてラグビーの争いですかね?
という違和感ありました。
またいやに頭数が低いように思え、あの頭数ではピッチが広過ぎなイメージですしかなり圧倒を許してしまいそうな意思がしました。
ぼくが見たのは母親の全国対カナダ戦でしたがカナダなんかラグビーの世界では聞いたことがなかったので、日本の到達を確証したのですが0対45という強い大差で敗れてしまいました。
寸法も度合いも全般全国は劣っていたように思えましたが、男もそんな感じだとするとちょっと見てられないというかこんな気がして来ます。
頭数が少ないのでタックルに生じるプレーヤーも低く、サポーターのボールを受けセルフかわして走れば凄くトライしやすいイメージだし、あまりにもスムーズに職場が混じるのはいいのですが何か物足りなさを見まがうのでした。
そして一日に2争いもしてしまえるのですから、五輪競技にしては幾らか不恰好通り抜けるのではないかと、ふっと思いました。 http://www.zeorymer.com/musee-asi/