新しく買ったグリルパンの使い勝手は、概ね良好

最近のお気に入りの調理器具は、ニトリの「万古焼 黒釉 グリルパン」です。玉子焼き器を正方形にしたような形をしていて、大きさも玉子焼き器くらいです。直火、オーブン、オーブントースター、電子レンジで使えて、食洗機で洗えます。
購入の決め手となったのは、1−2人分の調理にちょうどよい大きさと、食洗機で洗えることです。夫婦二人暮らしで、一人で食事をすることが多く、食後の洗い物を面倒に感じる私は、店頭で商品を見て即座に買おうと決めました。買ったのは1か月くらい前のことです。
実際に使ってみると、特に一人分の肉や魚を焼くときに便利です。わざわざ直径26センチのフライパンを出して、少量の食材を焼いたり炒めたりして、食後には洗うのは何かと手間がかかります。でも新しく買ったグリルパンのおかげで、負担感がかなり少なくなりました。フライパン用のシートをグリルパンに敷いて調理すれば、食材が焦げ付くことがほとんどなく、後片付けもかなり楽です。焼き上がった食材を皿に盛りつけず、グリルパンのまま食卓に出せば、洗い物も少なくて済みます。
気を付けなければならないのは、火加減に注意しないと食材が焦げやすくなることと、グリルパンを完全に乾かしてから使うことです。グリルパンが濡れたまま火にかけると、割れてしまう可能性があります。
このように多少の注意点はあるものの、新しく買ったグリルパンの使い勝手は概ね良好といえます。グリルパンを買ってから、一人分の料理が苦にならなくなりました。銀座カラー 口コミ